青汁のむときの注意点とは

青汁は、健康食品として幅広い方々に愛飲されている飲み物になります。
大変栄養価が高く食品の中でも有名ですが、飲み方や注意点を守らないと健康食品の意味がなくなってしまいます。
そこで、青汁を飲むうえで注意点が何点かあるので紹介したいと思います。
まず1つ目の注意点は、青汁を飲んでは行けない病気があることを知っておかなければいけません。
腎機能低下や腎炎などの腎臓病を患っている方は、青汁を飲まないほうがいいです。
腎臓病の方はカリウムの排出に障害があるため、カリウムを多く含む青汁を摂取した場合、血中のカリウムが増え中毒症状が起きる可能性があります。
青汁をどうしても飲みたいという方は主治医と1度相談することをおすすめします。
2点目は、1日に飲む量と回数を摂りすぎないようにすることが必要です。
青汁の商品によっては決まった量は記載されていないものもあります。
他の食品と同様に、健康に良いからといっても大量に摂取しては意味がありません。
また、大量に摂取した場合には、食物繊維が豊富に入っているため、下痢になる方もいらっしゃいます。
特に飲み始めの時は下痢になる方が多いようなので、1袋の半分だけ飲んでみるなど少し調整してみると良いでしょう。
健康に良い青汁も、注意点を守らなければ逆に健康を損なうものになってしまいます。
また、健康に良いからといって1日に何杯も青汁を飲めば体調を崩すことだってあります。
注意点を守り、おいしく健康的な青汁生活を楽しんでください。
マイケアのふるさと青汁を購入してみました!【本音の口コミ体験暴露】